CFS2機体の導入方法

 

ここでは、同じくマイクロソフト社から発売されていたコンバットフライトシュミレター2の機体をFS2004に移植(流用)する方法を紹介します。

おなじ、MSのFSでもFS2004の機体をFSXに流用出来るのだろうか、 FS2002用の機体をFS2004に流用できるかなど話題が尽きないところです。

厳密には互換性は無いけど「発展」なので一部簡単な改造で流用できるものがある程度に捉えています。

CFS2は発売時期が2000年ですので、2001年に発売されたFS2002より前の技術状況で造られています。

これをFS2004に移植しますので、通常の飛行特性のチューニングなら数値の一部変更の範囲ですが、今回はCFSとFSとジャンルを越え、更にはAI機もあり、ファイルの加工も加除訂正と作業の幅は広くなります。

またFS2004用に造られた機体に比べると無理しているところもあり ます。

ですが、FS2004にアジャストして行く過程でFS2004の構成などの理解が深まり、ご自身で応用することが出来る様になると思います。

興味のある方は頑張ってみて下さい。

プログラムの変更・改造はこちらの注意事項をご理解していただいたうえ、自己責任にて行ってください。


FSパラダイス記載の『Aircraft.cfg変更のほんのおさわり』を併せてお読み頂くとわかり易いかも知れません。

 

 

 

D3A1_VAL 愛知九九式艦上爆撃機 (CFS2Default/AI)

 

1.dpファイルの削除


①先ずはCFS2よりD3A1_VALの機体ホルダーをコピーして来て、「マイドキュメント」でも「ディスクトップ」でも適当な作業場所に保管します。

②D3A1_VALの機体ホルダーをあけて、中身のうち「d3a1_val.dp」というファイルがありますのでこれを削除します。 これはCFS2において使用される被弾等に関連するファイルなので、 FS2004には必要ありません。

2.d3a_val.airファイル Type=0に変更


①次にd3a_val.airのコピーを同じ機体ホルダー内に作り、名前を例えばd3a_val_a.airにします。

②AirED等でそのd3a_val_a.airファイルを開き、 105番のAircraft Type=2をAircraft Type=0に変更し 操縦可能な機体にします。

ここまでで一旦、変更をセーブしてAirファイルを閉じます。

※AirEDについては、追って説明を記載します。


3.Aircraft.cfg 記述追加(1回目)


①次はAircraft.cfgをメモ帳などで開きます。 f
ltsim00 セクションで、適用するAirファイルType=0に変更したファイルに代えます。

//sim=D3A1_Val
sim=D3A1_Val_a

②さらに、同セクションで不足している以下の記述を足します。

ui_manufacturer=Aichi
ui_type=D3A1
ui_variation=CFS2

Type=0としたAirファイルを適用させ、上記3行の追記で「飛行の作成」でD3A1が選択可能となりました。

ここでAircraft.cfgに記述されている内容の「量」をさっと確認しておきます
そのうえで、変更を保存して一旦、Aircraft.cfgファイルを閉じます。


4.機体ホルダー移動 & 飛行画面を出す


①作業していたD3A1_VALの機体ホルダーをFS2004の他の機体の入っているAircraftホルダーに移動させます。

そしてFS2004を起動させます。

②フライトの作製で、Aichi→D3A1→CFS2でD3A1が選択可能になっていることを確認し、一旦、飛行する画面まで進みフライトを終了し、FS2004を終了してください。
(飛んでみてもかまいませんが、この段階ではパネルが一切表示されません。状況によって音も出ません。)

5.Aircraft.cfgの記述が増える


①FS2004を終了させたうえで、再度、Aircraft.cfgを開いてください。

先ほどと変わり、数多くのセクションが新たに書き込まれているはずです。 Aircraft.cfgのセクションに不足があると、FS2004自体が不足しているセクショのを補完をします。

FS2004が補完を行ったことを確認したうえで、更に不足している部分を書き込んで行きます。

6.Aircraft.cfg 記述追加(2回目)


①先ほどのfltsim00のセクションの続きです。
書き込んだui_variation=CFS2の部分に引き続き、ATCによる飛行を行う方は次の記述を加えます。

atc_id=JN9901
atc_airline=NAVY
atc_flight_number=99

これは例です。atc_idやflight_numberはお好みでどうぞ。
atc_airline=もお好みで、、voicepackを入れられている方はそれなりに、 MSオリジナルの方はNAVYなら「ネービー99」とコールしてくれます。
登録されていないコールサインなどの場合や記入無しの場合、コールサイン無しのフライトナンバーのみで呼ばれます。

②また、AI機を深くやられている方は、必要に応じパーキング関係を記述します。

atc_parkingpes=MIL_COMBAT a
tc_parking_code=


7.EFFECTS追加


②次はEFFECTSです。Aircraft.cfgにEFFECTSの記述がありません。無いとEFFECTSが適切でない機体から引用されることがありますのでAircraft.cfgの末尾に以下の記述を加えます。

/////////////////////////////////////////////////////
[EFFECTS]
wake=fx_wake
water=fx_spray
dirt=fx_tchdrt
concrete=fx_sparks
startup=fx_engstrt_jenny
touchdown=fx_tchdwn_s, 1

上記はDefaultの機体、Cessna 172やDe Havilland Cometなど小型の機体に共通して使用されているEFFECTSを流用しています。
お好みにより、変更することも可能です。


8.着艦フック追加


①次に着艦フックです。AI機ながら、次の記述の追加で着艦フックが使用可能となります。

下記を[EFFECTS]セクションの次のセクションとして追記します。

[TailHook]
tailhook_length=5.0
tailhook_position = -16.8, 0.0, -0.5


9.フラップ機能追加


①CFS2では着陸性能を重視していないからか、フラップは動くのですが、フラップを展開しても 浮力の増加も無ければ、ピッチ変化もありません。
(ドラグ-空気抵抗だけは増加します。)

②この為、再度、d3a_val_a.airファイルを開き、1101番、Primary Aerodynamicsのところ、
(+表示で中身が隠れている時は+を左クリックで詳細を展開します。)
下の方ですが

*lift-Flaps=0.000000を
*lift-Flaps=0.400000に変更します。

同様に

*Pich Moment-Flaps=0.000000を
*Pich Moment-Flaps=0.050000に変更します。

この変更をセーブしてairファイルを閉じます。
これによりフラップ展開時に浮力の増加とピッチ変化が起こる様になります


③そして次にd3a_val_a.airファイルを変更した場合のみですが、Aircraft.cfgを再度開き[flaps.0]のセクションに以下のとおり記載します。

lift_scalar= 0.7
drag_scalar= 0.5
pitch_scalar= 0.7

Aircraft.cfgで効果を3~5割落とすなら、最初からairファイルに入れる数字を3割なり5割なり低めにすれば上記記述をしなくても同じ効果となるのですが、airファイルの方は機体ごとにバラバラな数字を入れてしまうと、後からどこをどれだけ弄ったか分からなくなってしまいます。

そこで、CFS2からの移植などで*lift-Flaps=と*Pich Moment-Flaps=に数字を入れる場合、いつも同じ数字0.4と0.05を用いることとし、この数字の組み合わせの場合は自分で入れた数字と認識できる様にしている為です。

以上でairファイル、Aircraft.cfgファイルの記述変更は終わりです。
※末尾に完成したAircraft.cfgの作成例を記載しておきます。


8.PANELホルダー


①元々AI機なのでpanelファイルの中身がありません。
同時代の単発レシプロ機から流用します。

AI機はもちろんですが、無償で配布されている機体にはパネルが無かったり、プアーだったりすることは少なくありません。
例えば、フレキシブルに使えるパネルをジャンル(飛行機タイプ)ごとに予め幾つか用意しておくと便利です。

どうせなら、1.5画面用やなんちゃってVCで作るのも一つの方法です。
(1.5画面化やなんちゃってVCはこちらから)




②他の機体のパネルの流用は、流用する機体のパネルホルダの中身を全てコピーしてきて、D3A1のパネルホルダーに放り込むだけです。

現在、私もD3A1良いパネルに出くわしていないので、DefaultのA6M2零戦のパネルをベースに作った汎用1.5画面パネルを使用しています。

いずれにしても仮想コックピットはないので、流用してきたパネルホルダーの中にあるpanel.cfgの仮想コックピットに関するセクション
[VCockpit01]~[VCockpit**]の部分は削除します。
それ以外の部分、A6M2の例では[Default View]以下の部分は残します。


9.SOUNDホルダーです。


①D3A1のsoundホルダーの中身は、sound.cfg一つです。
記述内容は [fltsim]alias=A6M2_Zero\sound となっており、
A6M2_Zeroのsoundホルダーを参照しろと書かれています。

A6M2_ZeroがFS2004のAircraftホルダーにあれば、そのsoundホルダーを参照し、A6M2_Zeroの音が流用されて出ます。

A6M2_Zeroを入れていない場合、D3A1のsoundホルダー内のsound.cfgを削除して、A6M2_Zeroのsoundホルダーの中身のコピーを取って、
D3A1のsoundホルダーに貼り付ければ同じ効果となります。
(音がでます)

以上でD3A1の移植作業は終了です。
引き続きフライトチューニングを行います。


10.フライトチューニング


①飛ばしてみて、やはりロールと比較して、ピッチの安定性が不足している様に感じます。

Aircraft.cfgの[flight_tuning]セクション以下の変更を試してみてください。

//elevator_effectiveness = 1.0
elevator_effectiveness = 1.4
//pitch_stability = 1.0
pitch_stability = 1.7


お疲れ様でした。
以上でD3A1の移植作業は終了です。

********************************
********************************

同様の作業でB5N2九七艦攻やKi43一式戦闘機もFS2004に導入できます。

これらのFSパラダイス流フライトチューニングデータは追って公開する予定です。



以下、D3A1のAircraft.cfgの変更後の一例を記載します。

[fltsim.0]
title=D3A1 Val
//sim=D3A1_Val
sim=D3A1_Val_a
model=
panel=
sound=
texture=

////////////////////////////
ui_manufacturer=Aichi
ui_type=D3A1
ui_variation=CFS2

atc_id=JN9901
atc_airline=NAVY
atc_flight_number=99
//////////////////////////////
description=nd

[WEIGHT_AND_BALANCE]
empty_weight = 5309.0 // (pounds)

reference_datum_position = 0.0, 0, 0 // (feet) distance from FlightSim Reference position: (1/4 chord, centerline, waterline)
empty_weight_CG_position = 0.0, 0, 0 // (feet) longitudinal, lateral, vertical distance from specified datum

max_number_of_stations = 50

station_load.0 = 170, -1.5, 0.0, 1.5 //Pilot Weight (lbs), longitudinal, lateral, vertical positions from datum (feet)
station_load.1 = 170, -3.0, 0.0, 1.5 //Gunner Weight (lbs), longitudinal, lateral, vertical positions from datum (feet)

;Moments of Inertia
empty_weight_pitch_MOI = 6668.43 //slug-ft^2
empty_weight_roll_MOI = 5725.72 //slug-ft^2
empty_weight_yaw_MOI = 10186.09 //slug-ft^2
empty_weight_coupled_MOI=0.000000
max_gross_weight=8473.500000

[flight_tuning]
cruise_lift_scalar = 1.0
parasite_drag_scalar = 1.0
induced_drag_scalar = 1.0
//elevator_effectiveness = 1.0
elevator_effectiveness = 1.4
aileron_effectiveness = 1.0
rudder_effectiveness = 1.0
//pitch_stability = 1.0
pitch_stability = 1.7
roll_stability = 1.0
yaw_stability = 1.0
elevator_trim_effectiveness = 1.0
aileron_trim_effectiveness = 1.0
rudder_trim_effectiveness = 1.0

[piston_engine]
power_scalar = 1.0
cylinder_displacement=140.710000
compression_ratio=6.600000
number_of_cylinders=14
max_rated_rpm=2500.000000
max_rated_hp=1000.000000
fuel_metering_type=0
cooling_type=0
normalized_starter_torque=0.035000
turbocharged=1
max_design_mp=44.999999
min_design_mp=1.000000
critical_altitude=6500.000000
emergency_boost_type=0
emergency_boost_mp_offset=0.000000
emergency_boost_gain_offset=0.000000
fuel_air_auto_mixture=0
auto_ignition=0
max_rpm_mechanical_efficiency_scalar=1.000000
idle_rpm_mechanical_efficiency_scalar=1.000000
max_rpm_friction_scalar=1.000000
idle_rpm_friction_scalar=1.000000

[propeller]
thrust_scalar = 1.0
propeller_type=0
propeller_diameter=11.000000
propeller_blades=3
propeller_moi=34.940000
beta_max=50.000000
beta_min=18.000000
min_gov_rpm=1400.000000
prop_tc=0.010000
gear_reduction_ratio=1.429000
fixed_pitch_beta=0.000000
low_speed_theory_limit=80.000000
prop_sync_available=0
prop_deice_available=0
prop_feathering_available=0
prop_auto_feathering_available=0
min_rpm_for_feather=0.000000
beta_feather=0.000000
power_absorbed_cf=0.000000
defeathering_accumulators_available=0
prop_reverse_available=0.000000
minimum_on_ground_beta=0.000000
minimum_reverse_beta=0.000000

[exits]
number_of_exits = 1
exit_rate.0 = 0.4 ;Percent per second

[electrical]
max_battery_voltage = 24.0
generator_alternator_voltage = 28.0
max_generator_alternator_amps = 60.0

[contact_points]
//0 Class
//1 Longitudinal Position (feet)
//2 Lateral Position (feet)
//3 Vertical Position (feet)
//4 Impact Damage Threshold (Feet Per Minute)
//5 Brake Map (0=None, 1=Left, 2=Right)
//6 Wheel Radius (feet)
//7 Steer Angle (degrees)
//8 Static Compression (feet) (0 if rigid)
//9 Max/Static Compression Ratio
//10 Damping Ratio (0=Undamped, 1=Critically Damped)
//11 Extension Time (seconds)
//12 Retraction Time (seconds)
//13 Sound Type
point.0=1, -22.80, 0.00, -2.35, 1600, 0, 0.25, 90.0, 0.30, 2.5, 0.90, 0.0, 0.0, 0
point.1=1, 1.55, -5.72, -7.30, 2200, 1, 1.25, 0.0, 0.50, 2.5, 0.79, 0.0, 0.0, 2
point.2=1, 1.55, 5.72, -7.30, 2200, 2, 1.25, 0.0, 0.50, 2.5, 0.79, 0.0, 0.0,
3point.3=2, 0.00, -20.00, -1.25, 1200, 0, 0.00, 0.0, 0.00, 0.0, 0.00, 0.0, 0.0, 5
point.4=2, 0.00, 20.00, -1.25, 1200, 0, 0.00, 0.0, 0.00, 0.0, 0.00, 0.0, 0.0, 6
point.5=2, -20.25, 0.00, -1.66, 1200, 0, 0.00, 0.0, 0.00, 0.0, 0.00, 0.0, 0.0, 9
point.6=2, 2.41, 0.00, -2.08, 1200, 0, 0.00, 0.0, 0.00, 0.0, 0.00, 0.0, 0.0, 4

static_pitch = 11.74 //degrees (pitch when loaded on ground)
static_cg_height = 6.36 //(feet) altitude of CG when at rest (altitude when loaded on ground)

[Views]
eyepoint=-2.4, 0.0, 2.1 //(feet) longitudinal, lateral, vertical distance from reference datum

[folding_wings]
wing_fold_system_type = 4 ;0=None
fold_rates = 0.12,0.11 ;Percent per second

[General]
performance=Need specs here

[fuel]
Center1=-2.000000,0.000000,-2.000000,247.000000,0.000000
fuel_type=1.000000num
ber_of_tank_selectors=1
electric_pump=0

[airplane_geometry]
wing_area=370.000000
wing_span=47.166667
wing_root_chord=8.333333
wing_dihedral=7.399292
wing_incidence=0.999756
wing_twist=0.000000
oswald_efficiency_factor=0.698501
wing_winglets_flag=0
wing_sweep=0.000000
wing_pos_apex_lon=0.000000
wing_pos_apex_vert=0.000000
htail_area=24.000000
htail_span=11.000000
htail_pos_lon=-18.833333
htail_pos_vert=0.000000
htail_incidence=-0.999756
htail_sweep=0.000000
vtail_area=15.000000
vtail_span=4.415880
vtail_sweep=0.000000
vtail_pos_lon=-18.833333
vtail_pos_vert=0.583333
elevator_area=13.000000
aileron_area=20.400000
rudder_area=13.060000
elevator_up_limit=26.000825
elevator_down_limit=26.000825
aileron_up_limit=21.497376
aileron_down_limit=20.345731
rudder_limit=28.997394
elevator_trim_limit=19.996227
spoiler_limit=0.000000
spoilerons_available=0
aileron_to_spoileron_gain=0.000000
min_ailerons_for_spoilerons=0.000000
min_flaps_for_spoilerons=0.000000

[brakes]
toe_brakes_scale=1.000000
parking_brake=1

[Flaps.0]
type=1
span-outboard=0.500000
extending-time=5.000000
system_type=1

///////////////////////////////
lift_scalar= 0.7
drag_scalar= 0.5
pitch_scalar= 0.7
///////////////////////////////

flaps-position.0=0.000000,0.000000
flaps-position.1=11.426415,0.000000
flaps-position.2=22.852831,0.000000
flaps-position.3=34.279246,0.000000
flaps-position.4=45.705662,0.000000
flaps-position.5=57.132077,0.000000
flaps-position.6=68.558493,0.000000
flaps-position.7=79.984908,0.000000

[GeneralEngineData]
engine_type=0
Engine.0=8.500000,0.000000,0.000000
fuel_flow_scalar=1.000000
min_throttle_limit=0.000000

[Reference Speeds]
flaps_up_stall_speed=64.000000
full_flaps_stall_speed=51.200000
cruise_speed=182.129626
max_indicated_speed=760.500000

[keyboard_response]
elevator=350.000000,500.000000
aileron=450.000000,1000.000000
rudder=200.000000,1000.000000

[autopilot]
autopilot_available=1
flight_director_available=0
default_vertical_speed=700.000000
autothrottle_available=0
pitch_takeoff_ga=8.000000
max_pitch=10.000000
max_pitch_acceleration=1.000000
max_pitch_velocity_lo_alt=2.000000
max_pitch_velocity_hi_alt=1.500000
max_pitch_velocity_lo_alt_breakpoint=20000.000000
max_pitch_velocity_hi_alt_breakpoint=28000.000000
max_bank=25.000000
max_bank_acceleration=1.800000
max_bank_velocity=3.000000
max_throttle_rate=0.100000
nav_proportional_control=9.000000
nav_integrator_control=0.250000
nav_derivative_control=0.000000
nav_integrator_boundary=2.500000
nav_derivative_boundary=0.000000
gs_proportional_control=9.520000
gs_integrator_control=0.260000
gs_derivative_control=0.000000
gs_integrator_boundary=0.700000
gs_derivative_boundary=0.000000
yaw_damper_gain=0.000000

[hydraulic_system]
electric_pumps=0
engine_map=1,0,0,0
normal_pressure=6.930556

[stall_warning]
type=0

[attitude_indicators]
attitude_indicator.0=1

[turn_indicators]
turn_indicator.0=1,0

[direction_indicators]
direction_indicator.0=1,0

////////////////////////////////////////////
[TailHook]
tailhook_length=5.0
tailhook_position = -16.8, 0.0, -0.5

[EFFECTS]
wake=fx_wake
water=fx_spray
dirt=fx_tchdrt
concrete=fx_sparks
startup=fx_engstrt_jenny
touchdown=fx_tchdwn_s,1
///////////////////////////////////////////////

以上

 

 

スクリーンショット
上:Model:CFS2 B5N1 (Default AI ) :Carrier Scenery: Yanco様 FS KBT様
下:Model:CFS2 D3A1 (Default AI ) :Carrier Scenery: Yanco様 FS KBT様